蛍的あらまき生活 マビノギ

    カテゴリ: 日常かも

    OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

    昨日はあんなに悶え苦しんでいたのに!
    胸部からカテーテルぶらさげてトイレに立てるようになっていました


    もっと寝込むのかな? と思っていただけに
    拍子抜けしたというか、安心したというか
    とても複雑な心境になった蛍さんです


    乳ガン治療で検索すると、今どきの抗ガン剤治療は
    昔のドラマでよくあった頻繁に嘔吐するというシチュエーションが
    少なくなるように改良されてるんだとか
    優秀な吐き気どめがあるとかなんとか
    そんなわけで、少しだけε-(´∀`*)ホッっとしています


    おかんの趣味はパチンコと大食いですからねぇ…
    そういえばおとんの胃ガンの時も抗ガン剤治療の時
    食事が喉を通らないってことはなかったっぽいし
    薬の進歩に感謝ですね!!


    そのうち抜け毛対策した新薬も出てきそうだなぁ
    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

    っということで、おかんの乳ガン摘出手術が終わりました
    計画通り順調に終了したとのことで、ほっと一安心

    しかし、術後経過観察室に戻って意識が戻ってからが修羅場でした;


    「痛い!!」
    の連発……

    見ているこっちまで痛くなってくる(;´Д`)
    みんなで励ますも、痛いの連発とまらず
    しかも見舞いに駆けつけていたその場の全員が
    入院オリエンテーションの時にもらったプリントの内容を覚えてなかった!!

    後で読み返してわかったこと
    *手術当日は絶飲食
    *創部が痛む場合、我慢せず看護師に申し出る

    おかんが水を飲みたがったので姉貴が一口飲ませたところ、
    (||´ロ`)o=3=3=3 ゴホゴホっと咳込んで吐出しちゃいました…
    そして、痛がるおかんを見守る(;´Д`)
    みんな『こういうものなのか』と勘違いして、
    おかんを無駄に苦しませてしまった…ごめんなおかん(´・ω・`)

    で、統失の姉貴が看病に残り、私たちは帰宅
    帰る途中、ファミレスで食事して帰りました
    家に着いてお風呂の準備したり、明日(今日)の朝ご飯の準備したり、
    洗濯物したり…

    そんな感じで、今やっと寝れる段取りになったんですが
    どうみても寝れる時間がない!!
    …でも…眠い

    OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

    (,,゚Д゚)∩ハイッ!! 病院に行って来ましたよ

    予定では胃カメラを飲むようになっていたのですが、
    前日の深夜にまたもや下痢3回からの吐き気コンボが発動し
    翌朝指示通りコップ2杯分程度の水と胃薬を飲んで気分が悪いまま病院へ
    ((((´・ω・)ノゴーゴー

    ・・・と、いろいろやらかした蛍さんです


    病院に着いて血圧・検温をした後診察室で具合が悪いことを伝えると
    喉の状態などを見て胃カメラは延期しますと言われ、
    エコーと血液検査をすることになりました
    で、エコー検査では胃腸に異常部位は認められず、
    血液検査のほうに異常ありと言われました

    そして蛍さんの謎の体調不良の犯人が判明
    それは・・・

    【貧血】でした
    (゚Д゚)ハァ?

    ヘモグロビンが8程度しかなかったですと!(女性は12~13程度あったほうがいいとのこと)
    以前から常に貧血はあったのですが気にしてなかったんですよね
    それがこんな結果になるとは予想もしなかった
    貧血恐るべし!!

    っということで、病名は貧血が原因の
    【機能性胃腸症】です

    近年増えてきた病気だそうです
    胃カメラなどで検査しても胃の粘膜は異常なしなのに
    胃腸に不調が起きる病気
    昔は胃腸炎と呼ばれていたけど、実際には炎症をおこしてないのに症状がでるため
    『炎』とつけるのは語弊があるという理由からこのような病名が付けられたそうです


    貧血はいいことないって分かっていたけど、
    今回ほど貧血ヤバイって思ったことはなかった!
    一体いつから症状が出てたのか
    思い出せば色々思い当たることはたくさんありますし
    夕食に白米食べただけで胸焼けしたりとか・・・それも一つの症状だったのかもね

    OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

    (,,゚Д゚)∩ハイッ!!
    病院に行ってきました
    本日は問診だけで次回に内視鏡検査です
    内視鏡検査には二種類あって

    上部内視鏡→口からカメラを入れ、食道・胃・十二指腸を見る検査
    大腸内視鏡→お尻のピーからカメラを入れ、大腸を見る検査

    先日見たテレビでやってたけど、大腸内視鏡は辛さが半端ないらしいですなぁ・・・
    最先端医療で患者の負担が軽減する技術を投入してる病院なら
    投与の下剤はコップ1杯程度だけど
    従来の診察になると下剤投与は1リットルぅぅぅ?!
    見た時仰天した
    水1リットルですら短時間に飲むのは苦しいのに
    それが下剤ですよ?!ってガチで思ったんですけどねw

    話は戻して、次回私がやる検査は上部内視鏡・所謂『胃カメラ』ってやつです


    思い出すのは20歳なりたてくらいに胃が悪くなって病院にかかったときのこと
    はじめて胃カメラ体験をしたのがその時でした
    高校時代に十二指腸潰瘍で1ヶ月に1回くらいの頻度で胃カメラを飲んでる
    ・・・っていう友達がいました
    なれると嘔吐反射あんまり出なくなるそうですが
    いやwwwwwwそんなに飲みたくないよね?
    彼女は非常に病弱でしたねぇ
    っというか、高校時代の私の周囲は病弱な人が多すぎただけなんですけどね!

    で、蛍さんが20歳くらいのときに胃カメラをしたのは寒い時期
    当時仕事をしていた場所で『胃カメラ検査やってきますから病院に行きます』って
    仕事抜けて検査に行ったんですよ
    そして、胃カメラ初体験で苦しい思いをした後
    少し病院で安静にして帰っていいという支持が出たので
    よれよれな体で自宅まで運転して帰宅
    前日夜から絶食していたため消化の良さそうなうどんを軽く食べ
    落ち着いた頃に再び仕事に出たら・・・

    なんとビックリ!
    私が、胃カメラ検査で病院に行った事が、事務所内に伝達されていませんでした!!
    Σ(゚Д゚;エーッ!
    いやwwwww記憶違いはないはずwwwwwwww
    私ちゃんと病院行きますからって伝えたはずなのにwwwwwwww
    確か所長に言ったんですよ!
    私だって『無断で職場抜ける』なぁんて常識ハズレなことはしませんからwwwwwwwwww
    っていう出来事がありました
    ちなみに、地元のN協ですw
    決算で家に帰らせてもらえなかったのはいい思い出のN協です
    (27時間くらい拘束された時ありました、ガチで!)
    夕食出すから残ってね!的な空気が漂ってるステキな職場ですw
    なんだ、ただのブラックか



    話を戻して・・・
    あの苦しいのを再びやるのか
    でも不調の原因を突き止めて治療せねばです
    突然深夜に下痢して吐き気で苦しむのはしんどいですしね

    だんだんと『具合が悪くなる前に寝てしまえ!』となってきてますがw
    (´ω`)・・トホー

    今日はとりあえず小康状態みたいなんで、
    これうpしたらさっさと寝てしまおうと思います
    \(^o^)/オワタ

    OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V

    ご無沙汰してます!蛍さんです!なんとか生きてます/(^o^)\


    ・・・なのですが困ったことになっています
    っと言いますのも、

    夕食を食べたあと深夜頃になると腹痛からの下痢
    いきんだはずみに胃が悪くなり吐き気に襲われる
    っていう症状を繰り返しておりまして(;´Д`)
    夕食を食べると約50%くらいの確率で上記の症状になるため、
    昨日あたりから夕食は取らず空腹維持でしのいでおります
    この症状が出始めたのは先週の日曜日から月曜日の時間で
    その時は症状が重かったので再び深夜に病院にかかったのです

    病院で処方してもらった3日分の胃腸薬がある間は安心して
    薬が切れる日にはほぼ普通の食事に戻したのです
    (といっても普通の人より量は減らしてましたが)
    その翌日くらいから再び嫌な症状が復活
    ∩´Д`)) アアアァァァァ~~

    そんなわけで、明日検査に行って参ります
    ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    この不調の原因をはっきりさせて対処しなければ・・・
    食事をするのが怖いですからね・・・
    また下痢して吐くかもって思うと安心して食事ができません(´・ω・`)

    OZ85_karutemotuisya20140321160021_TP_V
    先週の金曜日に結果が出ていました
    ゴタゴタしていてブログは放置してました/(^o^)\
    っていうか、蛍さんの中で『おかんは既に手遅れの段階だったら・・・』という
    最悪の事態を想定して、PCの前にかじりつくよりも
    おかんとの時間を大切にしようと思ったので、
    PCをつけてマビにログインしていても中身が居ない状態&ログイン必要最小限でした
    (そしてオフラインログイン安定)



    ・・・で、結果なんですけども
    ガンの大きさは3.6センチ、転移はナシとのこと
    (ネットで調べたところ乳ガン3.6センチはステージⅡくらいでした)
    4月の月末頃に入院して手術前検査等をした後、
    問題がなければ5月の頭頃に切除手術を行います


    ガチな話、おかんが死んだらマジ困ります
    おとんは「メシ」と言ったら自動で食事がでてきて、
    「お茶」と言ったら自動でお茶が出てきて、
    食べたあとの食器や湯呑みは放っておけば勝手に片付くって思ってる部分あって

    それだけならいいのですが、姉貴のガキンチョ2号(男の子)が
    それを見て育ってるためにおとん2号になり始めてるんですよね・・・

    いや、まあその程度なら致命的な問題ではないか
    一番困るのは生活できるだけの機動力が姉貴・私・姉貴のガキンチョだけでは
    ぜんっぜんwwww足りないwwwwwwwwwのですよ
    そう!おとんとおかんが両方居なくなった時のことを超マジメに考えるようになったんです
    自分の中では大きな進歩なのかもしれません

    で、今の状態で仮におとんとおかんが死んでしまったとします
    そうするとどう考えても今いる戸建住宅の維持ができません!
    電気・水道・ガス・電話、さらに毎年必要になる固定資産税
    そうですよ・・・固定資産税が地味に大きい出費になります・・・
    生きていくってお金がかかりますね
    いずれにせよおとんとおかんが居なくなってしまった時は
    今住んでる家から出て家賃の安い家を借りて生活するしかないと思ってます

    幸いおとん・おかんはまだ働ける状態にあるので、
    これからの自分の事について自立して生きていける方法を考えて行きたいと思います



    愛があればお金はいらないってあれはウソだよね

    このページのトップヘ